日中バイヤーコンソーシアム

設立の背景

日中バイヤーコンソーシアム(略称:JCBC)は、一般社団法人中小・地方・成長企業のためのネット利活用による販路開拓協議会(略称:ネッパン協議会)の直轄団体として設立されました。

2010年代後半から急速に中国大陸向け越境EC(インターネット通販サイトを通じた国際的な電子商取引)のインフラ整備が進み、日本商品の中国向け輸出額は高成長を続けています。中でも中小企業の輸出額も高い成長率を見せており、日本からの輸出でeコマースを利用した企業割合は大企業よりも高い結果となっております(経済産業省通商白書2017より)。

一方で中小企業(特に地方企業)はノウハウ・人材の不足と、海外顧客ニーズの情報不足、販路の確保ができない、などを理由に直接輸出に踏み込めない現状があります。
政府の推し進める中堅・中小企業の海外展開支援をより加速させ、日本の企業(特に地方/中小企業)の海外売上高を継続的に向上させるための仕組みを作り、外需獲得に寄与すべくJCBCの設立に至りました。

JCBC概要

目的

日本の製造業者/小売業者の海外展開支援を通して、
海外(中国)向け輸出実績の増加と成功事例の創出を加速させること

解消すべき課題と活動内容

  • 課題A

    ノウハウなく、それを持つ人材の採用もできず、お金もないが、売上を拡大したい

  • 課題B

    中国語もできず、契約や通関など難しそうな実務はできないが、商談でニーズを掴みたい

  • 課題C

    マーケティングや消費者ニーズなどはわからないが、ブランドを継続的に育成させたい

  • 活動1

    中国バイヤーとのマッチングの場として展示会・商談会の開催

  • 活動2

    コーディネーターを通じた日本語での商談・取引のサポート

  • 活動3

    各領域の専門パートナーによる相談会・講演会

  • 活動4

    中国展開に必要なノウハウを共有するための研修カリキュラムの策定

  • 活動5

    中国の最新動向を体験するための視察ツアー

  • 活動6

    日本の製造業者/小売業者の情報交換のための横のネットワーク形成

JCBCの支援体制

JCBCは下記のような体制で活動をしております。

日中バイヤーコンソーシアム(JCBC)

お問い合わせ

お問い合わせはこちらからお願いいたします。